最新の投稿

2012/04/28/土 新飯野ビル

消火ポンプ認定制御盤 VCスター Vスター

VCスター、Vスターが解決!

  • ●VCスターVスターは、他の始動方法より発電機容量を抑えることが可能です。
  • ●VCスターVスター制御盤は、消防認定を取得しており制御盤のみの設置入替えが可能です。

●VCスターは電源とモータの間に挿入したサイリスタの導通位相を制御することによって、モータへの印加電圧を零電圧から全電圧へ数秒から数十秒の範囲で連続的に上昇させる方式の始動器です。電子化することによって小型軽量化が実現、壁掛け型にすることができました。

●Vスターは発電機の特性を利用してその最大の能力を引き出すことが出来る始動器で、発電機容量は初期始動の50%電圧で決定され、一方モータの始動トルクは70%電圧により決定されます。Vスターは最小の発電機容量と最大のトルクの両方を満足する理想的な始動器です。

【上記参考例】
消火ポンプ55kWを始動する場合、発電機容量は76.4kVAあれば始動可能です。
≪消火ポンプ用 Vスター≫で発電機がさらに小さくなりました!
Vスター消防認定制御盤
200V級、400V級、3000V級、6000V級
始動方式:特殊コンドルファ始動 計算用記号:SC
ビルや高層マンション等には防災用に消火ポンプや排煙ファンとバックアップ電源として非常用発電装置が設備されますが、この発電装置を小さくするためにVスターを使用しますと通常のスターデルタ方式と比べて2/3~1/2位まで発電機容量を小さく出来て経済的です。
自家発電設備の出力計算に使用するVスターの始動方式は「特殊コンドルファ方式」で使用記号は「SC」となります。
(注:始動方式の種別記号に「VC」と言うものがありますがこれは「連続電圧制御方式」という別のものです) 特に消火ポンプの様に短時間で始動できる軽負荷には専用のVスターがあります。

【消火ポンプ用Vスター発売中】
平成15年6月に消火ポンプ用Vスターを発表し、ご好評を頂いております。
消火ポンプ用Vスターとは非常用発電設備のより一層の小容量化の実現の為に、消火ポンプ等軽負荷用に従来のVスターコイルと制御回路の一部変更、改良したものです。
これにより従来品との相違で発電機容量が70~80%に縮小できました。


Go Top